まりもの食いしん坊日記

漫画作品の公開・日常・趣味・ゲーム・料理について書いていきます。料理については、手軽だけど、手抜きと思われない料理を紹介していきます。時間をかけずに作れて、美味しく食べられる料理レシピの記録。

相互さん募集中★読者登録→ Twitterはこちら→

【YouTube】収益化審査に合格する方法・前編【チャンネル登録者の増やし方】


f:id:marimo_13:20201029175101j:plain

この度、私のゲームチャンネル「まりも家のゲーム」がYouTubeの収益化審査に合格したので、この記事で

  • チャンネル登録者を1000人達成した方法
  • 収益化審査の期間など細かい情報
  • YouTube活動をする上で気をつけていること

など細かくお伝えしていきたいと思います。長くなるので

今回は前編です。

かなり細かく情報を記載したので文章が多めです。でも、読んでいただけたらかなり参考になると思います。

YouTube運営に悩む全ての方に、少しでも力になれたら嬉しいです。

 

 【YouTube】収益化審査に合格する方法【チャンネル登録者の増やし方】

 

 動画で解説Ver

この記事の内容は、YouTube動画でも説明したので、動画で解説を聞きたいよという方は、動画からご覧ください🙇‍♂️

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

YouTube収益化の基本

まず、YouTubeのことをよく知らない方向けに、基本をお話させて頂きます。

YouTubeをやっている方のほとんどの夢が、動画投稿で生活していくことなんじゃないかなって勝手に思うんですけど、

Youtubeの動画投稿で広告収益を得るためには、審査が必要になります。

2020年10月現在、YouTubeやってる人全員が審査を受けれるわけではなくて

審査を受けるための条件があります。

で、その条件が2つあります

1つは、過去12ヶ月間の期間中、チャンネルの総再生時間が4000時間以上あるということ

2つ目は、チャンネル登録者数が1000人以上であることです。

この2つの条件が揃ってないと、審査にすら挑戦できないので

個人的には、ほんと苦労しました

今からこの経験をもとに、細かくお話させて頂きます。参考にしていただければ幸いです。

 

②1000人と4000時間について

YouTubeやってると苦労することは人それぞれかなとは思うんですが、

私の場合は、最初、動画の再生数はなんとかいつも3桁とかは行けていたのですが、

チャンネル登録をなかなかしていただけなくて、

1000人の方に登録していただくのが本当に大変だったなと思います。

登録して頂いている方は、本当に ありがとうございます。

この1000人と4000時間の2つの壁については、

どちらの壁が大変なのかっていうのがチャンネルや、運営する人によって大きく2つに分かれるみたいです。

私の場合は圧倒的に、1000人の壁の方が大変でした。

動画の本数自体は多かったり、中には1万再生超えていた動画もあったので、

4000時間の壁は自然にクリアすることができました。

逆に、1000人は楽だったけど4000時間なかなか行かない!という人もいるみたいです。

 

③条件をクリアした期間について

 

私の場合はこのチャンネルを1月28日に開設しまして、2/2に初投稿

本格的に投稿本数を増やしていったのは夏からになるんですけど

9/12日に4000時間を達成しまして、10月6日に1000人を達成 10/8収益化審査に合格

することができました。

なので、最終的に8ヶ月くらいかかったという感じです。

 

④チャンネル登録が増えたきっかけの動画

まず、チャンネル登録が増えたきっかけの動画についてお話させていただくので、

登録者を増やしたい!という方は良ければ参考にして見てください。

ちなみに、登録をしていただく為に努力したことは他にもあるので、良ければ最後まで見ていただくと嬉しいです。

 

私の場合主に、マイデザイン・島訪問・マリオの動画などを投稿しているわけなのですが、

その中に一部、「ゲーム実況の撮影方法」という動画があります。

チャンネル開設して約1ヶ月経ったくらいの3月、最初に大きい出来事があったんですけど、

あつまれどうぶつの森の発売前に「iPhoneでゲーム実況する方法」という動画を投稿した結果

そちらがすごく伸びまして、この動画で結果的に150人以上の方にチャンネル登録をしていただきました。

www.youtube.com

何がよかったかと言いますと、

・あつ森発売を機に実況を始めたいって人が多かった

・あえてPCがない人向けに動画を作った という2点が、たぶんよかったんじゃないかなと思います。

 

で、もう1つは「マイデザイン」の動画です。

「ゲーム実況の撮影方法」以外に、たくさんの人に見て頂いたきっかけの1つが私の場合は

あつまれどうぶつの森の「マイデザイン」についてでした。

www.youtube.com

あくまで憶測に過ぎないのですが、

マイデザインって、他のあつ森プレーヤーの人にも使っていただくことができるんです。

私が描いた物になるんですけど、

実際に視聴者さんが、私のマイデザイン作品の配布のコードを入力すると、その人のゲームのなかで使えるといった仕組みになってるというわけです。

なので

・マイデザインを他の人も使える点

・マイデザインは絵とかイラスト作品に近いと思うので、「その人にしか描けない」という点

(似てる作品はあっても、描いてる物だから他の誰とも被らない)

・描き方を説明していた点 などが、良かったのではないのかなと思います。

使って頂いている方は本当にありがとうございます。

マイでざの動画はまだまだ改善点があると思うんで、今度はもっと丁寧に説明していきたいです。

 

⑤検索流入について

YouTubeの細かいデータを全部見せる、とかはできないので、「検索流入」についてざっくり皆様にお伝えしますと

私のチャンネルは主に

「ゲーム実況 方法」とか「あつ森 マイデザイン」などの検索から、動画をみていただくことがすごく多いです。

チャンネルによってバラつきはあるとは思うのですが、

「ゲーム実況をしたい人」「マイデザインを探す人」っていうのがいかに多いのかっていうのをね、動画投稿を通じて知ることができました。

なので、最近のYouTubeって昔からめちゃくちゃ有名な人でない限りは、

「役に立つことや知識・方法」を発信する方が需要が高くて、のびやすいのかな?と私は個人的に思います。

 

⑥伸びる動画についてわかったこと

私のチャンネルの動画一覧を見ていただくとわかると思うのですが、

マイクラやスプラトゥーン、マリオなどの「ゲーム実況映像」と「マイデザインやアプデ情報」などの動画の再生数を比べると圧倒的に、後者の方が伸びてます。

まりも家のゲーム - YouTube

これはどういうことかというと

「ゲーム実況映像」を見て頂いている方というのは、私の仲の良いフォロワーさんや、マイデザインやあつ森の活動を通して

私のことを少しでも知っている方、興味がある人 っていう一定数の人にほとんど見ていただいているってことです。

それに比べて「マイデザやアプデ情報」っていうのは、私のことを知らない人にも見ていただけているということです。

つまり、「マイデザやアプデ情報」から登録者さんを増やしたケースがめちゃくちゃ多いということです。

 

「ゲーム実況」は既存の視聴者さん向け・「役立ち動画」は新規の方向け。っていう感じです。

 

つまり、「ゲーム実況」って昔からやってる有名な人とか、その道でもう食べていってる人とかの方が

面白いのが明白なので、同じマリオのゲームがあったとしても、有名な人の動画を選ぶと思うんです。

よく知らない人の動画って、面白いかどうか確証がないからほぼギャンブルに近いと思うんです。

なので、ゲーム実況にかかわらず、なんの動画においても、

「情報」とか「役に立つ」ことを発信しないと、初めのうちは伸びにくいと私は思います。

⑦やりたいことを伸ばすには?

例えば、ゲームの実況がしたいのであれば「ただ楽しくゲームする動画」を投稿するよりも

「ダンジョンの攻略法」や「ボスの倒し方」とかを投稿する方が、たくさんの人に見てもらうきっかけにつながりやすいと思います。

でも、やっぱりやりたいことやりたいじゃないですか。

多分、「伸びる動画」と「やりたい動画」の投稿バランスの葛藤みたいなのがめちゃくちゃ難しいと思うんです。

 

「やりたい動画」だけ投稿していく、ってなると道のりはジャンルによっては長くなると思うんですけど、

「伸びる動画」だけ投稿して行けば、審査の条件は早く達成できるかもしれません。

でも多分伸びる動画だけ投稿しよう!って割り切れる人はいいと思うんですけど、

長く続かなくなる人や、楽しくなくなっちゃう人も出てくるんじゃないかな、と私は思います。

 

なので、「やりたいことをやる動画」を投稿しながら、「誰かのやくに立つ動画」を両立して投稿していくのが1番いいんじゃないかなっていう結論に私は至りまして、

考え方は、人それぞれかなとは思うんですけど、

「自分が楽しいと思えるバランス」を崩さないようにしながら、誰かの役に立ちつつ、自分のやりたいことを投稿していくのが

いいんじゃないかなと私は思います。

 

要するに、「役に立つ情報」を楽しく発信しつつ、自分のファンを増やして、他の動画も見ていただくっていうことです。

音楽のアーティストとかもそうだと思うんですけど、

「何かの主題歌」で多くの人に知ってもらって、「アルバムとかで他の曲を聴いてもらって」だんだんファンを増やしていくじゃないですか。

それに似ていると思うので、

自分が楽しみつつ、たくさんの人に自分を知ってもらう努力をするのがいいのかなと私は思います。 

 

⑧チャンネル登録者を増やした方法

多分これを1番知りたい人が多いと思うんですけど、ここからはチャンネル登録を増やすために私が努力したことを共有していきたいと思います。

先ほど、「新規の人」「既存の人」っていうお話をさせて頂いたんですけど、

「新規の人を増やす努力」っていうイメージをしてもらえればいいのかな、と思います。

お店に例えるとわかりやすいと思うんですけど、お店を出すときに、皆さんはどこに店舗を建てますか?っていうのを考えてみて欲しいんですけど、

多分「田舎」とか「人通りが少ない場所」にはあんまり店舗を建てないじゃないですか?

恐らく、大半の人は「駅近とか、人通りが多い場所」にお店を出したり、チラシを配ったりして宣伝活動しますよね?

それと一緒で

「新規の人を増やす努力」=「たくさんの人に知ってもらう努力」って思ってもらうといいかな、と思います。

では説明していきます。

 

⑨Twitterで同じ趣味のフォロワーさんを増やした

私が主に、動画外で努力したことはTwitterになります。「Twitterのフォロワーを増やした」っていうのは

あくまでもただの「フォロワー稼ぎ」をしないことが大事になると思っていて、

私の場合は、「仲の良い人」とか「人脈」や「自分に興味を持ってくれる人」を増やす努力をしました。

つまり、「自分の活動と同じ界隈のフォロワーさん」を増やしました。

中には、「Twitterで動画の宣伝活動ばかりすると、チャンネル自体の成績が下がる」といった、意見もあるのかなと思います。

これはめちゃくちゃ踏み込んだ話になると思うので、いったん今回は割愛するのですが、

私の場合は「動画1つ1つの宣伝活動」よりも「チャンネルの宣伝活動」をしました

 

⑩フォロワーさんを増やしつつチャンネルを宣伝する方法

まず、自分のチャンネルを誰に見て欲しいか。っていうのを考えたときに、

私の場合だったら「主にあつ森やってる人」だったんです。でも、宣伝だけではなくて

単純にお友達も欲しかったんです。

っていうのも私は「視聴者さんやフォロワーさんは全員友達」だと勝手に一方的に思っているので

お友達が欲しいんです笑

「動画を通して、たくさんの人と仲良くなりたい」って気持ちを持ちつつ、

同じ界隈の人の「繋がりたい」系のタグから気になる人をいいねしました^^

固定ツイートとか目立つところに、マイデザインとかの作品の写真を残しておけば、

自分のことをそこから結構見ていただくことが多かったです。

また私は結構人見知りがあって、自分からはフォローしに行けないので、フォローしていただいた方を、

フォローバックしに行っています。

で、フォローされたときに、勇気を出して「フォローありがとうございます」って自分から話しかけにいくようにしました。

なので、結論、「動画を見て欲しい!」っていうのを目的とせずに

「自分に興味を持って頂いた人とお友達にある」っていう感覚を目的にして行ったら、

世の中優しい人がとても多くて、動画を通しながら、いろいろな人に話しかけていただけるようになりました。

 

長くなるので、この記事の続きは次回。後編へと続きます。

まりも家のゲーム - YouTube

役に立ったよ!という方は、チャンネル登録して下さるととても嬉しいです!

 

関連記事

www.marimo-gohan.net

 

www.marimo-gohan.net

www.marimo-gohan.net

 

まりも