まりもの食いしん坊日記

漫画作品の公開・日常・趣味・ゲーム・料理について書いていきます。料理については、手軽だけど、手抜きと思われない料理を紹介していきます。時間をかけずに作れて、美味しく食べられる料理レシピの記録。

相互さん募集中★読者登録→ Twitterはこちら→

【2019年4月版★アドセンス合格法を考察】グーグルアドセンスの審査に20回ほど落ちた私が…放置ブログで合格した話。失敗談あり。【アドセンス奮闘記】

f:id:marimo_13:20190417222144p:image

2019年4月16日にグーグルアドセンスの審査に合格した私なのですが、元々最初から審査に出していたメインブログは20回以上審査に落ち続け、結果的に放置していたこのブログが受かりました…。

今回はその詳しい経緯と、合格までの流れについて説明していきます。この記事の後半では私が考察したアドセンス合格法についても述べていますので、もし良ければ最後までご覧ください♪

グーグルアドセンスって何?って人は↓の記事の「Google AdSense(グーグルアドセンス)」の記述をご覧ください。

www.marimo-gohan.net

 【アドセンス奮闘記】グーグルアドセンスの審査に20回ほど落ちた私が…放置ブログであっさり合格した話

 

(2019/4/19:追記あり)

アドセンス審査は難しい?具体的な回答がもらえない!

最初に前提として、アドセンス審査について思ったことをさらっと書いていきます。まず、アドセンス審査は私にとっては難しく感じました。でも中には簡単だ!と言う人もいます。

確かに、コツさえ掴めば簡単なのかもしれません。簡単と思う人もいれば、難しいと感じる人もいる…本当に人それぞれなのだと思います。

アドセンス審査は100%の合格方法がなく、不合格理由も具体的に教えてくれません。

「不合格者には全員に似たような不合格通知を送りまーす。落ちた理由は教えませーん。自分で考えてね!」

…って感じなのです^^;でも、再審査に何度もチャレンジすることはできますし、不合格理由が明確にわからないからこそ、ネット上では常に考察が飛び交っています。

なので、考察を沢山読んだり、人に聞いたりしてコツを掴んでいくしか方法はないと思います。

私がアドセンス審査の体験談を書くことによって、この記事を読んで下さる方に、少しでも役に立てれば嬉しいです。私もブログ初心者なので一緒に頑張りましょう♪

 20回以上落ちたブログ「まりものまとめ」

元々メインで活動していたのは「まりものまとめ」というブログなのですが、本格的に審査を始めたのは3月からで、20回以上連続で落ち続けました。↓

www.marimo13.com

↑このブログは「審査に落ち続けたブログ」の悪い例(?)として審査の考察などに活用していただいて大丈夫です笑。しばらく残しておこう…

あっさり合格した「料理ブログ」

 料理ブログは受かりにくい…とよく聞いていたのですが、2回の審査であっさり受かりました^^;たったの5記事です…。

しかもクックパッドに過去に載せていたレシピ(現在は削除済)を詳しく書き起こし、豆知識と描きおろしイラストを載せていた程度…。この記事の後半で、合格時の詳しい状況については記載していこうと思います。

「まりものまとめ」が落ちまくったときの話

 ”まりものまとめ”があまりにも審査に落ちるので…

「絵がおちゃらけてて、ふざけた印象に見えるのが原因なのか…!? (´;д;`) 」

…と思い、一時期プライドがぼろぼろになりました笑。実際には、この料理ブログで同じ絵柄のイラストは使っているし、絵柄の特徴などは特に関係なさそうです。当たり前ですが…笑。(規約は守らないとダメだけど)

「まりものまとめ」の不合格要因

グーグルアドセンスの審査で落ちる不合格通知は主に、

  • サイトの停止または利用不可
  • 価値の低い広告枠(コンテンツが不十分なサイト)
  • 価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

…の3つだと思うのですが、私が経験したのは「サイトの停止または利用不可」
「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」の2つで、ほとんどが後者の「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」でした。

f:id:marimo_13:20190417223121j:image

↑1番始めの審査で2点セットの不合格理由で落ちて…

f:id:marimo_13:20190417223206j:image

↑その後、「サイトの停止」が消え、「複製」の理由だけで落ち続ける…といった日々でした。

「他の記事からコピペとかしてないよ!何で!?ヽ(゚`Д´゚)ノ゚」

…って感じで意味がわかりませんでした^^;

「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」に悩む日々

「サイトの停止または利用不可」に関しては、グーグルアドセンスとはてなブログの相性や技術的な要因が関連している…と言った意見をよく見かけました。なので、「サイトの停止」に関してははてなブログ側の問題だと思い、そのまま放置していました。

サイトの運営状況に問題がなければ、そのまま再審査にかけていいのだそうです。(あまりにも続くようなら問題があるかも)

「コンテンツが複製されているサイト」に関しては、最初から最後までずっと付きまとい、改善されることがなく、グーグルアカウントを変えて再審査をし直したりしてもずっと落ち続けました…。しかもほとんどが24時間以内に落ちるorz

f:id:marimo_13:20190417222834p:image

やけくそになって「料理ブログ」を審査へ!

1ヶ月経っても受からず、腹が立った私はやけくそになって放置していたこの料理ブログを審査に出しましたw笑

料理ブログは審査に受かりにくいという意見を何度も目にしてきたので、本当に諦め状態で、これでダメだったらアドセンス審査は一旦辞める気でいました。

どうやら現状では、クックパッドが主流になりすぎて、料理の記事を書いてもクックパッドばかり検索結果に出てきてしまうので合格しにくいのだそうです。。グーグル検索に引っかかりにくいサイトはグーグルが評価しにくいのだとか…。

それを踏まえた上でやけくその…審査申請へ!

「料理ブログ」は「複製」と出なかった

料理ブログを審査にかけてみたところ、1番最初の不合格理由が「サイトの停止」だけだったのです。↓

f:id:marimo_13:20190417223826j:image

↑まりものまとめは「利用不可」+「複製」だったのに対し、料理ブログは「複製」の不合格通知が出なかったのです。

もしかしたら見込みがあるのかもしれないと思い、修正をかけずに再審査にかけました。すると、今まではほぼ24時間以内に不合格のメールがきていたのに、今回は5日くらいメールが来なかったのです。こんなことは初めてだったので

「再審査すらされてなかったらどうしよう(゚´ω`゚)」とめちゃめちゃ不安になりました笑

「料理ブログ」の合格!

待ちくたびれていた6日目…。Gmailを開くとなんと、おめでとうメールが!

f:id:marimo_13:20190417224232j:image

会いたかったこの女性の顔をやっと私も拝むことができました ( ;∀;) 

(アドセンス合格者には最近この女性の顔がついたおめでとうメールが皆届くようで、ブロガーの間で有名になっていますw全然知らない人なんですけどね…笑)
f:id:marimo_13:20190417224228j:image

結局のところ、放置していた料理ブログは修正なしで受かったことになります…。と、いうことは料理ブログを初めから審査に出していればこんなに時間はかからなかったかもしれなくて…^^;

「今まで”まりものまとめ”で1ヶ月以上苦労してきたのはなんだったんだ!

…でも1ヶ月ほどの間、ほぼ毎日アドセンス審査について研究していたので、勉強になることも多く、この経験ができて良かったと思っています。

「料理ブログ」合格時の状況

ここでは、料理ブログの合格時の細かい状況について記載しておきます。

  • はてなブログPro
  • ブログデザイン:ZENO-TEAL使用
  • ブログ全体のテーマ:料理
  • 記事のカテゴリ:3つ
  • 「メイン料理」…3記事
  • 「麺料理」…1記事
  • 「デザート」…1記事
  • 画像:沢山貼りつけ。Alt属性なし
  • 料理画像:撮りおろし&過去のクックパッド(削除済)の画像そのまま
  • イラスト:描きおろし
  • プライバシーポリシー:あり
  • 問い合わせフォーム:あり
  • プロフィール記事:あり
  • インデックス登録:不備無し
  • サイトマップ:作成済(だけど検出されたURLはずっと0…)
  • はてなブログの読者登録ボタン:あり
  • 外部サイトやSNSの外部リンク:なし

月別アーカイブ・サイト内検索バー・注目記事…などのページは全てはずし、かなりシンプルなサイト構成にしました。

↓合格した当時のサイトのスクショはこちらです。

f:id:marimo_13:20190417224545p:image
f:id:marimo_13:20190417224550p:image

↑写真を撮り忘れたのですが、かぼちゃプリンの記事の下あたりに、プライバシーポリシーと問合わせフォームを設置していました。本当にただそれだけのシンプルなサイト構成でした。

↓合格時のプロフィール記事はこんな感じでした。

f:id:marimo_13:20190417224613p:image
f:id:marimo_13:20190417224607p:image
f:id:marimo_13:20190417224603p:image
f:id:marimo_13:20190417224558p:image

サイトマップの謎

はてなブログはサイトマップを作成する際に不具合が起きやすいらしく、私もなんだかよくわからない状態になっていました。

他所のサイトを見ながら、「sitemap.xml」「sitemap.xml?page=1」「sitemap_page.xml」の3つのサイトマップを登録したのに、成功したのは「sitemap.xml」のみで、検出されたURLの数がずっと0のままでした。↓

f:id:marimo_13:20190417234802j:image

審査に落ちたブログの方は、もう一度すべてのサイトマップを消して登録しなおし、フィードバックで「検出URLが0のままです」とメッセージを送ったら検出URLの数が3まで増えました。

よくわかりませんね…。とりあえず、サイトマップ送信済で検出URLは0でも、インデックス登録さえしてれば受かる(?)という説が濃厚になったと思います。

インデックス登録は不備のないように

自分のブログや記事がグーグルの検索結果にしっかりでるように今公開しているものは全てちゃんとインデックス登録されているか確認したほうが良いかと思います。

ちなみにグーグル検索で「site:+自分のブログのURL」で検索をかけるとでてくるのがインデックス登録されているページです。↓

f:id:marimo_13:20190418143405j:image

↑こんな感じ。「まりもの食いしん坊日記」の下にそれぞれの記事が1つずつ検索結果にバーって表示されます。

下書きに戻した記事や削除した記事がインデックス登録されていると、存在しないページが審査されてしまい、不合格になるので、公開ページとインデックス登録の状態に不備がないかは入念にチェックしたほうがいいかもしれません。

 審査申し込み時に私が間違えていたこと

ちなみに私、アドセンスの審査に申し込むときに何回か入力にミスがある状態で審査に出しておりました…。

申し込む時のURL入力欄に「https://~」とURL全体を入力していたのですが…はてなブログの場合は「www」からの入力でいいのだそうです!^^;

はてなブログは「www」から入力して申し込み

↓こんな感じで、サイトのURLに「www」から入力して申し込みしたほうが良いのだそうです。

f:id:marimo_13:20190417234420j:image

↑ちなみにこの情報はアドセンス審査に1発で受かったはてなブログユーザーの親切なフォロワーさんに教えていただきました…!教えてもらわなければずっと間違ったままで一生困っていたと思います!泣

その説は本当にありがとうございました (´;д;`) 

f:id:marimo_13:20190417234503j:image

↑はてなブログのヘルプにもしっかり載っていました…。読み飛ばしてた笑

 【2019年4月版★アドセンス合格法を考察】

f:id:marimo_13:20190417233249p:plain

ここからはグーグルアドセンスの合格法と審査の考察について記述していきます。私自身も審査に苦しんだので、少しでもアドセンス審査で苦しんでる人の役に立てればいいなと思います。

思いつくままに、順番はバラバラかもですがごちゃごちゃと書いていきますね。

※あくまでも私自身の体験談・今まで調べたことを元に得た知識で記述しますで、必ず合格できるかはわかりません。

何故審査が厳しいのか?

アドセンス審査って、昔は審査が甘かったそうです。レビュー系の記事を文字数それなりに書いていればわりと受かった時代もあったのだとか…。また、審査用のサイトが1度合格すれば、別サイトにも広告が安易に貼れてしまい、量産型の情報系サイトが増えたことによって、グーグルが対策として審査を厳しくしたのかもしれません。

故に今では、複数のサイトにアドセンス広告を載せようと思うと、サイトごとに審査が必要になっています。

まずは落ちたブログについて考えてみた。

www.marimo13.com

 ↑落ちたブログはいわゆる雑記ブログでカテゴリも記事の内容もバラバラでした。

落ちたブログの状況

  • 雑記ブログ
  • カテゴリ:3つ
  • 「レビュー」「SNS関係」「接客術」の3カテゴリ
  • 記事の文字数1000~3000ほど(中には5000文字超えの記事も)

自分で後から「いけないな…」と思った部分はサイトの統一性についてです。

「レビュー」「SNS関係」「接客術」の3カテゴリはあまりにも関連性が無さすぎる気がします…。

サイトの専門性が評価される!?

関連性のない「レビュー」「SNS関係」「接客術」の3カテゴリによって、サイトの方向性がバラバラで、サイト全体が「専門性に欠ける」と評価されたのかもしれません。

ですが、中にはバラバラの雑記ブログで受かってる人もいます…。しかしながら、他所の考察などを読むと「特化ブログは受かりやすい」という意見をよく目にしますね。グーグルが「専門性の高いサイト」を良く評価するんだとか…。

落ちたブログに対して、料理ブログは「メイン料理」「麺料理」「デザート」の3カテゴリで全部料理の話です…!

特化ブログにしたおかげなのか、たったの5記事でも合格しています。サイト全体の専門性が評価されたっぽいです…。

特化サイトにして関連性のあるカテゴリにするのが近道

雑記ブログとして運営するのは、アドセンス審査に合格してからでもできます。(私のこのブログがまさにそんな感じです。今は雑記系になってる)

なので、1つのテーマに絞って、そのテーマから3分類くらい掘り下げて記事を書いていけば受かるかもしれませんね。私が不合格だったブログも、もしかしたら「まりもの接客術」みたいなタイトルにして、接客術に特化したビジネス的なブログにしていたら合格していたのかもしれません笑。

サイト全体の質について考えてみた

上記では特化ブログは良いということを書いてきたのですが、雑記ブログでも記事数が多かったり、記事の質が良ければ合格できるような気もします。

過去に私がグーグルアドセンスのヘルプフォーラムで質問したときの掲示板の内容を元に、サイト全体の質について図解しながら考えてみました。

(ちなみにヘルプフォーラムで当時質問したリンクが何故か辿れず、載せることができませんでした…)

f:id:marimo_13:20190417232456p:plain

↑私が不合格になったブログは最初全体から見て恐らくこんな感じでした。

と、いうのも雑記ブログでバラバラな上に記事数が少なく、月別アーカイブやサイト内検索・注目記事などの薄いページが多数存在していたのです。

ヘルプフォーラムで質問した際に、「薄いページも審査されてしまうので、必要なページ以外は削除したらどうか?」と提案されました。

f:id:marimo_13:20190417232449p:plain

↑雑記ブログで審査に受かっている人って、記事数がそれなりに多い人が大半なように感じます…。雑記ブログでバラバラな内容を書いていても、ある程度カテゴリに関連性がある人はもっと合格率が高いかもしれません。(育児+生活とか…なんとなくカテゴリに関連性がありますよね?)

ですが、カテゴリと記事数に関してのバランスは合格者と不合格者、本当に人それぞれなのできっぱりと考察するには難しいと思いました^^;

f:id:marimo_13:20190417232507p:plain

↑私が受かったこの料理ブログは、こんな感じで記事数は少ないものの、全体のバランスが良くて、サイト全体の質がある程度評価して頂いたのかもしれません。

なので、サイト全体のバランスやある程度の専門性は考慮したほうが良さそうな印象です。

合格時に公開していた記事と文字数について

 記事の文字数ですが、一般的に1000文字程度は必要と言われています。私は1500文字を目安にしました。合格時の料理ブログの記事と共に、文字数を紹介します。

【材料を混ぜて】簡単かぼちゃプリンの作り方【かぼちゃの栄養って?】 - まりもの食いしん坊日記 …1982文字

【まりもの定番】お手軽台湾ラーメンの作り方【失敗しない名古屋味】 - まりもの食いしん坊日記 …2250文字

【手間なし】麻婆豆腐の作り方【簡単まりも料理】 - まりもの食いしん坊日記 …1687文字

【茹でずに】本格ナポリタンの作り方【料理教室で習ったもの】 - まりもの食いしん坊日記 …1881文字

【余った林檎の消費方法】豚の林檎煮の作り方【ローレルについても解説】 - まりもの食いしん坊日記 …2592文字

以上の5記事となります。あと4つは「プロフィール」と「ポリシー」、「お問合わせ」・はてなブログに最初からある「aboutページ」でした。

記事を書くときに気を付けたこと

グーグルアドセンスの審査は独自性のある記事を評価すると言われているそうです。独自性ってどんなこと?って感じなのですが、よく言われているのが主に「その人にしか書けない体験談」だそうです。

体験談を必ず含む記事を作る

「パソコンはこうやって修理する…」のように、ただ単に修理方法について述べるのではなくて、

「パソコンはこのように修理するが、私がこの時気を付けたのは…工夫した方法は…もっとこうすると良かった…」など、体験談を絡めて、その人にしか書けない記事を作るのが大切なのだそうです。それが”独自性”として評価されるのかもしれませんね。

料理ブログで独自性を出した方法

料理のブログって正直、作り方などはほとんど同じだし、皆書いたら同じような内容になるのでは…?という懸念がありました。そこで私は

  • 作り方
  • 材料
  • 本日の描きおろしイラスト
  • 料理中気を付けたこと
  • この料理を作るときのメリット(煮てる間に掃除ができる…など)
  • 料理を食べた家族からの評価
  • 栄養素などの豆知識

…のような構成で記事を作成していきました。記事に独自性を出すにはどうしたらいいのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

画像中心のサイトは受かりにくい?審査対象はテキスト中心

グーグルアドセンスの審査をするbot(ロボット)は画像の価値を判断するのは難しいのだそうです。芸術性など)

なので、私は最初漫画投稿だけのサイトにしようと思っていたのですが、審査の対象がテキスト中心と知ってあきらめました^^;(中には漫画投稿だけでも受かってる人もいますが…)

 グーグルが求めるサイトとはなにか?

グーグルが広告を載せたい!と思うブログってなんなんだろう、と他所の記事などを見ながら考えてみました。考えた結果、「検索に引っかかりやすいブログ」「お役立ち記事」が好まれるのではないかな?と私は考えました。

私たちがグーグル検索を利用する時は主に分からないことがある時など、調べものをするときなのかなと思います。

だから、記事のタイトルを「〇〇の方法」「〇〇の作り方」「〇〇の対処法」などの文章の方がグーグルに評価されやすいかもしれません。

さらに、サイト全体に単語が多いブログは検索に引っかかりやすく、審査に受かりやすいのかもしれませんね。こうして考えると主にテキスト中心に審査がされるという理由がよくわかってきます。

SNSに載せた画像の使いまわしは?

私は元々Twitterなどに漫画を沢山投稿しており、1部の漫画作品はネットのニュースに取り上げられたり、まとめサイトに転載されているものもあります。

そこで私は、「Twitterなどに元々載せていた画像と同じ物をブログに載せていたら、同じ作者でも転載・複製扱いになるのか?」という疑問が生まれました。

ヘルプフォーラムを使ったり、色々調べてみたところ、グーグルのロボットがそれらを複製とみなし、はじいてしまうことは十分にあり得るということでした。

本来であれば、元のツイートをそのまま引用したり、画像を載せつつ引用元を書き、「私が描いた作品です」と主張すれば問題はないのですが、ロボットはそこまで判断するのが難しいかもしれません。

(ですが、インスタに載せた漫画をそのまま埋め込みで掲載したら受かった、という人もいるので、真相はグーグルにしかわかりません…。少なくとも私は、一度Twitterと同じ漫画を載せていたら落ちました。)

結局のところよくわからないのですが、一度Twitterやインスタなどに載せた画像はブログに載せないほうが無難かなという結論に至りました。^^;描きおろし・撮りおろしにしていれば問題なさそうです。実際に料理ブログは「削除したクックパッドに載せてた画像」「描きおろしのイラスト」で合格したので、別サイトに載っていなければ大丈夫だと思います。(ちなみにクックパッドは削除してから1ヶ月以上時間が経っています)

「たとえ描きおろしイラストでも、絵柄がTwitterの絵と似ているという理由で複製扱いになったらどうしよう…」

…といった懸念もありましたが、絵柄が似ていることについては問題なかったです。実際に料理ブログに載せているイラストも、Twitterに普段載せている絵も、いつも通りの「まりもの顔のイラスト」だったので^^笑

アクセス数は必要なの?

私のブログはほとんどがTwitterからの経由な為、Twitterで宣伝しない限りはほとんどアクセスがありませんでした。^^;

合格したこの料理ブログは毎日ほとんどアクセス0の状態で審査に受かりました!なので、アクセス数は関係ないと断言できます(アクセス数は今後の課題です^^;)

二次創作はダメなの?

イラストや漫画を載せるにあたり、二次創作は収益化したらダメです。また、ドメイン名や、プロフィールの名前・サイト名などが実際に存在する企業や著名人と同じだったり、似てたりすると審査に落ちる…と聞いたことがあります。

記事を書きなおしたら必ずインデックス登録!

私は記事を書きなおした際に必ずインデックス登録をし直していました。記事を書きなおした際のインデックス登録は、普通に「再登録」をかけるだけで大丈夫です。私は一度、「URL削除」→「インデックス登録」をしてしまい、いつまでも記事がインデックス登録されず非常に困りました^^;

また、下書きの記事や、削除した記事がインデックス登録されていない状態で審査に出していました。本当に不要な記事を「URL削除」する…って感じです。

 

コピペ対策は?

(2019年4月24日:追記)

「価値の低い~…(複製)」という理由で落ちた際に、コピペチェックツールでチェックする方法がありますが、この料理ブログは一致率20%ぐらいでした。ちなみに不合格になったブログは一致率30%以下にしたのですがずっと不合格なままでした^^;

何パーセントくらいにするのが良いかもよくわかっていませんし、コピペチェックは不要だという意見もよく見かけました。酷似している記事が世に出回ってないかを確認する程度で良さそうです。

無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】 ←一応、コピペチェックツールを載せておきます。

 

☆コピペチェックツールですが、チェック時の画面の右下あたりに「除外ドメイン」という所があるので、そこにご自身のサイトのドメインを入力してからチェックすると良いと思います。

すると、自分のサイトは検査の対象外になります。

 

ちなみに、同じ記事を2つなど、複数回検査の登録にかけると、類似判定がめっちゃ上がります……汗

なので、記事を書きなおしてから検査するときは、一度登録した、書き直す前の記事はコピペチェックツール上から削除することをオススメします。

アドセンス審査の考察の仕方

 ここでは、どのようにアドセンス審査を考察していくのか方法を記述していきます。

情報が古いサイトに注意

アドセンス審査は時期によって変わりゆくもので、合格条件も時期によって少しずつ変わっています。

特に「一次審査・二次審査」などと書いてあるサイトは、昔の情報なので現在はあまり役に立ちません。できれば「2019年版」「2019年1月~」の記事を中心に参考にしたほうが良さそうです。私は一応「2018年後半」の方の記事も読んでいました。

Twitterを活用する

Twitterで「#グーグルアドセンス」「アドセンス 合格」「アドセンス 落ちた」「アドセンス 審査」などで調べれば、リアルタイムで最新の状況がわかります。ほとんどの方がブログのURLを載せているので、合格した人と不合格だった人のブログを見て考察するのも良いかもしれません。

「なんでこの人落ちてるの!?」ってくらいクオリティの高いサイトが落ちてたりするので、すごく不思議に思うことも多々ありました。

私のブログも不合格のと合格のと、2個あるので見比べて考察に使って頂いても大丈夫です^^;笑

不合格のブログ→まりものまとめ

グーグルアドセンスヘルプフォーラム

グーグルアドセンスヘルプフォーラムという掲示板的なサイトがあり、そこでは質問をするとグーグルに詳しいプロの人が答えてくれます。↓

コミュニティ フォーラム - AdSense ヘルプ

ただ、アドセンス審査に100%と言った合格方法が存在しないのと、不合格理由も人それぞれなので、人によって知識や考え方にバラつきがあります。中には古い情報の知識のまま回答される方もいるので、頂いた回答に対して、完全に鵜呑みにはせず、さらに自分で考察してみる必要があると思います。

また、中には辛辣な雰囲気や冷たい言葉で回答をする人もいるそうです(悲しいですが…)

「記事数が少ないから無理に決まってるでしょ」的なことを言われた人もいるのだとか…。私自身も一度質問した際に記事数について指摘されましたが、実際には5記事で合格しました。

私が利用した際は運良く(?)親切な方が多くて、とくに嫌な思いをすることもなく掲示板を活用できたのですが、メンタルが弱い人は注意したほうがいいかもです^^;

(皆困ってるから質問するんだから…優しく返事してあげればいいのにと思いますけどねぇ…。。。)

 結局記事数は少ないほうがいいの?

記事数に関してですが、私の意見としては、3~5記事くらいから審査に出してみるのが望ましいと思います。

と、いうのも「価値の低い広告枠(コンテンツが複製…)」という理由は記事の質が合格基準に満たしていない場合に来る不合格通知…という説が濃厚なのです。

単純に記事の質が悪いのかもしれないし、他所と似ている記事だから複製扱いなのかもしれない…そのどちらかの可能性が高いです。

何故なら、記事数が少ない場合は「価値の低い広告枠(コンテンツが不十分)」という理由で落ちている人が多い気がします。つまり、逆に考えれば

「価値の低い広告枠(コンテンツが不十分)」→「複製扱いではない」→「今のところ記事の質に問題はない?」

…という発想に至ります。

そして、3~5記事くらいの少ない記事数で「複製」として不合格になるならば、

「価値の低い広告枠(コンテンツが複製…)」→少ない記事の中に価値の低い記事がある!

…と、特定することができますよね。少ない記事数なら特定しやすいはずです。私は実際に、記事数を増やし続けても「複製」の不合格通知で落ち続けたので、少ない記事数で原因を特定していく必要があるかもしれないです。

「価値の低い広告枠(コンテンツが不十分)」で落ちる人は合格は近いような気もします…!

NGワードとは?

アドセンス審査にあたり、記事やサイト内にNGワードがあると不合格になります。NGワードに関してはご自身で調べてみて下さい。

ちなみに私は「酒」がダメだと聞いて、料理ブログを書くにあたって、料理酒・ワインを使わないレシピと記事を書きました。販売行為を行わなければ良い・ワインはNGワードではない、などの意見もよく見たのですが、不安だったので辞めておきました^^;

よくわからなかったのは「クレーム」という単語についてです。調べている中で「クレーム」がNGワードと書いてあるサイトがありました。一応、不合格だったブログの「クレーム対処法」の記事を「お怒りのお客様の対処法」に言い換えて審査にかけたのですが、変わらず不合格なままでした。

NGワードに詳しい方がいれば教えて頂きたいと思います。。。

毎回使っている文章は避ける

「最後まで読んで下さりありがとうございました」などの、お決まりの文章を書いていると、自分のサイト内でその文章が複製扱いとみなされ、審査に落ちるという意見を見ました。なので、毎回使っている文章は消したほうが無難かもしれないです。

「〇〇の方法1」「〇〇の方法2」…など同じタイトルで連番のタイトルもあまり良くないと書かれているのを見たこともあります。

審査期間の目安について考察

(2019/4/19:追記)

 審査期間の目安についてですが、自分の体験をもとに、不合格通知が来るまでのだいたいの時間をまとめておこうと思います。

  • サイトの停止・利用不可…3~4時間後が多い
  • インデックスに不備がある状態…6時間後くらいに落ちました
  • 記事の質の低さや複製扱いなど記事に問題がある…12~24時間後
  • 2日以上かかって落ちる時…人間が審査した上で落ちている?

ロボット審査さえ追加すれば見込みがある?

上記の審査期間の目安は、私が不合格の際に体験した審査期間と、その際に考察した不合格原因に基づき、あくまでも個人の考えをまとめたものです。

インデックスに不備もなく、記事のコピペチェックもした上で、24時間以内に審査に落ちているような状況が続く場合は、ロボット審査などにより機械的に落とされているような気がします。

他の人の記事などを読み想定した話なのですが、アドセンスの審査は、最初はロボットが審査を行い、それを通過できたサイトを最後に人間がチェックする…という説が濃厚です。

アドセンス審査のロボットは記事を含めた全体のサイトを評価して、そこで質が良ければ追加させている…ということです。例えば、他所でも書かれているような内容の記事などは機械的に落としているかもしれません。

なので、仮に2日経っても返事が来ない、などの場合はロボット審査はクリアしてるかもしれません。実際に料理ブログは6日後に合格通知がきました。

何日も返事が来ない…1週間経っても不合格通知が届かない、などの場合は合格に近づいているかもしれません。(中には2週間、1ヶ月後に審査落ちになる人もいるようですが…その場合は人間がチェックして落としているかもしれませんね。)

返事が来ない場合は問い合わせできる

ちなみに、1週間経っても返事が来ない場合は、フィードバックや審査状況確認フォームから問合わせすることもでき、この問い合わせを行った結果、翌日に合格通知がきた…という人もいるようです。

グーグルアドセンス審査中の大失敗談

 ここからはアドセンス審査中に私が経験した大失敗を記述していきます。同じ失敗や悩みで困っている人の役に立てればと思います…!

アカウント重複問題で病み堕ち寸前に!

 ↑当時のツイートです。。

どういうことかと言うと、

  • 審査に使っていたグーグル垢Aを変えようと思い、新しい垢Bで申請
  • しかし、凡ミスで垢Aを閉鎖する時にキャンセル時に届いたメールのURLクリックを忘れていた
  • Bの審査結果は「アカウントが重複」で不合格
  • Aをもう一度キャンセルをし直し、確実にURLをクリックしてキャンセル処理
  • Bからまた再申請。しかし、またBの結果が「アカウントが重複」
  • 垢Aを念の為もう一度ログイン後、確実にキャンセル処理
  • 垢Cを新しく作る
  • 垢Cの方で普通に「価値の低い~…」と通常の不合格メールが届き、解決。

…要するに、「アカウント重複」で不合格になった垢Bは放置し、最初にキャンセルし忘れた垢Aは再度キャンセル処理。新しい垢Cで新しく審査をし直し、なんとかなった…という話です。

垢Bは審査すらされてない状態なので、放置しても良いそうです。

「アカウント重複」で審査エラーになった時は2週間ほど待てば、重複アカウントとの紐づけが解除されたり、問い合わせをすればなんとかなる…などの方法も書いてあったのですが、待てませんでした^^;問い合わせも絶対遅いし…。 

つまり垢のキャンセル処理に失敗した履歴があると、次の垢で申請するときに重複扱いになってしまうということです。私の場合はキャンセルに失敗したAにもう一度ログインでき、設定からキャンセルできたので良かったです。

ちなみに私は垢Aをキャンセルした際Chromeからログアウトし2度とログインしませんでした。本当に怖かった…。

アカウントキャンセルできないときはどうしたらいいの?

審査中の画面で、設定のとこが薄くなっていてボタンが押せず、アカウントキャンセルができないパターンもあります。

その際は審査に落ちたあと、別のサイトのURLを入力し、再審査にかければ、しばらくするとキャンセルするボタンが濃くなって押すことができるみたいです。私の場合は過去にキャンセルができないとき、その方法をとったらキャンセルできました。

どうしても、前垢と新垢両方がキャンセルできず詰んだ場合は、問い合わせするしかないかもしれません…。

アカウントキャンセルはリスクもある

審査結果が遅い時などに、垢を作り直す人は多いと思うのですが、失敗すると本当に危険だと思いました。私の場合はキャンセル時に凡ミスしたので自分のせいですが…。本当にヒヤヒヤしました。

また、グーグルアカウント自体を削除すると非常に厄介な事になるらしいので絶対やめた方がいいです

アカウントをキャンセルする時は「必ず、キャンセル時に届いたメールのURLをしっかりクリックしてキャンセル処理を完了」させるようにしましょう~。。。

ココナラで相談してみるも、キャンセル・返金処理。。。

あまりにも審査に落ち続け、モヤモヤした私は、記事やサイトの添削サポートをやっている方に添削をお願いしようと考えました。

「ココナラ」という自分の特技や技術を販売できるサイトがあり、そこでは「アドセンス審査用の添削サービス」を販売している方が沢山おりました。

その中でも、格安(数千円)で添削・レポートを提出して下さる方がいたので、思い切って投資だと思い、依頼してみました。(数千円だからいいかという安易な気持ちもあった)

普通に文章をやり取りする分には、すごく良い方だったのですが…返信が数日おきなど、遅いので気になりました。また、向こうから質問されることは多いのですが、こちらがした質問に関しては、全ての質問に回答がきているわけでもなく、その時点で「あれ?」と思いました。

ある日、サーチコンソールに関しての質問をした際に「サーチコンソールに関しては詳しくないのですが…」という文章が含まれた返信がありました。。。。

私はその時、サーチコンソールについて勉強していたので、とても残念な気持ちになりました^^;アドセンス審査のサポートって、記事の添削だけが全てじゃないと私は考えます。

その出来事があった段階で、既に最初の申し込みから2週間が経っていました。2週間経ってもまだ、具体的な添削レポートは納品して頂けなかったので…

「申し訳ありませんが、キャンセルさせていただきたいです」と、詳しい理由を述べた上で丁重にお断りさせて頂きました…。

 結果的に、キャンセルと返金処理には応じて頂けたので良かったです。^^;

ココナラやそれ以外でも審査サポートをされている方は沢山いますし、その人たちが全員悪い訳ではないし、ほとんどの人が良い人だとは思うのですが、相手がしっかりしているかを見極める力は必要かもしれません…。返信が早い人の方がいいかもですね。

結局のところ、返金処理になり、最後は自分の力でアドセンスに合格できたので、良かったです^^;

格安の人もいますし、どうしても合格できない方はサポートの人に少し添削して頂くのも方法の1つかな、とは思います。ちなみに、HP作成から記事作成までの完全なる外注は、自分の勉強にはあまりならないかもしれませんね…。

あくまでも私の体験談と意見なので、気を悪くされた方がいたら申し訳ありません…。考え方も人それぞれなので、その人がそれで良ければ、私は全然良いと思います!

お世話になったブロガーさん

せっかくの機会なので、アドセンス審査で悩んでいたりした私にアドバイスを下さったり、励まして下さったブロガーさんのサイトを紹介しておきます。

www.unajyu.com

www.catemos.xyz

応援していただき、ありがとうございました^^

上記の方以外にも、Twitterなどで沢山励ましていただいたフォロワーの方々も、どうもありがとうございました。皆様には感謝でいっぱいです。

あとがき

書けること、思った事、体験したことを全て思い出すがままに書き殴っていたら、非常に長い記事になってしまいました^^;(現在13694文字…)

一部でも、読んで下さった方はどうもありがとうございます!^^この記事が少しでも役に立ててれば嬉しいです。

 

また、私も初心者なので、この記事で間違っていることや不明点などがあれば気軽に相談・指摘して下さい。

Twitter→https://twitter.com/marimo_angela

お互いにブログ運営を頑張っていきましょう^^

元グーグルアドセンス担当の人が描いた本もあるそうです!↓


元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍Upするプロの技60